ホーム > 妊活 > 葉酸は体に不可欠な栄養素です!

葉酸は体に不可欠な栄養素です!

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。野菜の中ではほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。そのような場合はサプリメントで葉酸を補給するのも問題ありません。

妊娠する前の段階で十分に葉酸を摂取しましょうと、何かの雑誌に書いてあったので、意外でした。葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。

ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを使うのもお勧めだそうです。葉酸サプリは色々な会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを探して健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。

一般的に、妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、母親学級で指導された方も多いと思います。

こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。

実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。葉酸は調理の際の加熱で大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。